目指せ口元美人!前歯につく着色汚れのケア方法

目指せ口元美人!前歯につく着色汚れのケア方法

前歯の着色は印象の問題もあり気になりますよね。原因はコーヒーや紅茶などの色素(ステイン)汚れですが、虫歯や歯石の様に汚く見えたりケアを間違うと逆に着色を促します。今回は自宅と歯医者、それぞれでできる着色ケアを紹介します。

 

【自宅ケアの場合】
@美白用歯磨き粉
これらの歯磨き粉には表面の汚れを落とす研磨剤とステインを浮かせる成分が含まれます。例えばライオンの「ブリリアント・モア」は「ピロリン酸ナトリウム」がイオンの作用でステインを浮かせブラッシングで汚れを落とします。汚れを落すため粗い研磨剤入りのもので磨くと一時的に白く見えますが、表面に傷がつき更に着色していきます。また食器用漂白剤やレモンなどの果物で磨くと、酸でエナメル質が溶け歯がギザギザになる酸食症という症状を起こします。

 

A歯の消しゴム
シリコンゴムや研磨剤を含み、こすりすぎると歯に傷がついて更に着色を促します。

 

Bホームホワイトニング
自身のホームホワイトニング用トレーがあればセルフケアが可能です。

 

【歯医者ケアの場合】
@クリーニング
コーヒーや紅茶の色素が付くとセルフケアは困難です。その時は歯医者のクリーニングがお勧めです。前歯の表面だけなら1回で落とせます。

 

A子供の着色ケアも可能
乳歯も着色します。年齢によって無理に取ることはありませんが、歯医者トレーニングとして着色ケア及びフッ素コートを行うと虫歯予防にも有効です。

 

B頑固なヤニには超音波
タバコのヤニは歯に強力に付くため超音波振動で数回に分けて取る必要があります。なおその間に喫煙するとまたすぐにヤニが付いてしまいます。

 

C詰め物の着色には研磨
プラスチック製の詰め物は着色しやすいですが、プラスチック自体の劣化で変色した場合は詰め物を交換する必要があります。

 

Dオフィスホワイトニング
歯の中に浸透した着色はオフィスホワイトニングにより短期間で白くすることが可能です。同時に細かい着色も落とします。

 

【歯医者で行う着色予防】
@トリートメント
表面の細かな傷は着色の原因になるため、トリートメントで傷を修復し着色しづらくします。歯医者によって対応不可の所もあります。

 

Aセラミックは着色しにくい
プラスチックは歯に比べて表面が粗く傷や着色がつきやすい一方、セラミックは表面が細かく傷がつきにくいので着色しづらいのが特徴です。

 

前歯の着色は目立ちやすいので傷付けずに着色のみ取り、新たな着色を防ぐことが大切です。