高級な歯磨き粉vs基本の磨き方、どっちが効果的!?

高級な歯磨き粉vs基本の磨き方、どっちが効果的!?

その昔では家族が1本の歯磨き粉を共有することが当たり前でしたが、 最近はそれぞれが好きな歯磨き粉を使うという風潮が主流になりつつあります。とりわけ特定の機能に優れた高級歯磨き粉が人気のようで、某ドラッグストアで販売されている約100種類の歯磨き粉の内、3割程度は値段が1,000円以上するそうです。

 

ただ多少値段が張っても効果が高いと思われる歯磨き粉が人気であり、特にホワイトニング効果のあるもの、口内の細菌繁殖を抑えるものに人気が集まっているようです。

 

歯磨き粉は口の中に存在する時間が短いため、その商品が持つ効果を期待するには使い方がポイントとなってきます。例えば、フッ素入りのジェルで歯磨き後につけるもの等が挙げられます。歯に塗ってそのまま寝ることで、就寝中の唾液の減少から歯を守ってくれる効果が期待できるのです。

 

それとはまた逆に、歯磨き粉はいらないと主張する歯科医も存在します。これは歯磨き粉に含まれる成分によって口の中がスッキリするため、歯がきれいに磨けていると「思い込んでしまう」ということが理由に挙げられます。口の中が泡だらけになるとそうそう長い時間歯を磨くのは難しく、なおかつミントの効果で口の中がスースーしすぎてしまうため、歯磨きを早々に終わらせてしまいたくなる人も出てくるのです。

 

この解消方法として歯みがき粉を少量だけ使い、時間は長めに、そして力を入れすぎず丁寧に磨くという、基本の磨き方を忠実に守ることです。高級な歯磨き粉を使うこと自体は悪いことではありませんが、しっかり磨けているかどうか、基本をチェックしながら使うとより一層効果が増します。